介護用車椅子の改良

『自動折りたたみステップ』
従来の車椅子は、利用者を車椅子に誘導するときや車椅子から移動する際、まず車椅子を固定し、介護者が前方へ回り込んでステップを開閉する必要がありました。
この製品では足をステップから外すだけで自動的に折りたたまれるので、介護者が屈んでステップの開閉を行う必要が無くなり、介護者の負担を大きく軽減できます。




『指詰め予防対策』
介護事故のリスクは日常の利用者様支援の中に常に潜んでいます。
利用者を車椅子に移乗する時、シートフレームでの指詰め予防対策の改善ができました。


■ メカニカル開閉機構付き車椅子(登録第3195740号)
特殊形状のカムの動きで、指詰めしやすい車椅子の展開時に指をはさまないようにいったんロックがかかります。その後、利用者様の自重でシート位置が既定の位置にセットされます。



■ シート部ガイドポケット付き車椅子(特許第5905565号)
シートの形状を加工することで、安価で確実な予防対策を実現しました。
平成28年3月25日特許取得



製品についてのお問い合わせ

製品についてのお問い合わせは、下記までお願い致します。追ってご連絡させていただきますのでお手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。

E-mail : dreamhikari@pro.odn.ne.jp
電話番号 : 0120-91-7557 担当:小木曽まで